忍者ブログ
オレンジフルーツ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小澤征爾の家系を整理してみた、小沢健二系
小澤征爾おざわせいじさんの家系は華麗だということを聞いたので指揮者など音楽、芸能、文科系の家なのだと思っていました。


以前にちらっと見た時に小沢健二さんの親戚と言うのは見たことがあったのですが。

改めてみてみると思っていた以上でした。

1人目の妻の父は三井不動産社長、母がピアニスト。

小澤さんの兄は筑波大教授、兄の妻は学者。

その妻の父親の兄弟は日立ハイテクノロジーズ

その社長の妻は衆議院議員の娘。

その妻の兄は商船三井社長。

この兄の弟の妻の弟は三菱自動車工業社長。

この人の兄の妻は大昭和製紙の子供。

この夫婦の子の夫の弟の妻は三菱の岩崎系の人。

小沢健二さんの母親の家系が財界関係の人と結婚していったという感じですかね。

両親が教育系なので両親の収入だけでも年間3000万円ほどあるのではないでしょうかね。

先祖の残した財産などを考えると大金持ちの可能性もあるかと思います。

結局小沢健二さんは芸能の世界へ。

小澤征悦さんの母親は三井不動産社長の娘ではないそうで母親も芸能界の人だそうです。

小澤家はその他芸能、文化の世界で働く人も多く、有名人はかなり多いのですね。

小沢健二さんは勤勉な先祖の血を受け継いできたからか、勉強もやってきた歌手となったのはなるほどと思いました。

滝川クリステルさんの先祖は女性の権利に力を入れた方らしいそうですが、広い親戚を含めると小澤さんの親戚は異例な感じでしょうかね。

滝川クリステルさんの母親は小澤さんの名家度合いとは差があるという風に書かれるのは不満だったようですが。

それでも小澤さんよりも小沢健二さんの家庭の方が大変そうに感じました。

小沢健二さんは外国の女性と結婚したのですね。









PR
ダンプラーミキサー、軽くて洗いやすくてそのまま飲めて便利、通販口コミ
普段のミキサーとは違い逆さまにしてミキサーにセットするタイプのものも出ていますがプラスチック製だったりで軽く洗うのも楽でそのままコップとして飲めたり、そのまま冷蔵庫に保管できるなど機能性なミキサーだなと思いました。

タンプラーとミキサーが一緒になったような感じでタンブラージュースミキサーとかジューサーブレンダー などという風にも言われるそうです。

通常のミキサーはガラス製なので重い、取り外しができるもののそれでも重いなどなんだか面倒に感じてしまいます。

スリムタイプのジューサーブレンダーならカッター部分も小さ目なので洗いやすいですし、口コミでも評判が良いです。

しかも価格は2500~3000円ほどと格安です。

口コミだけでも8件あります。









手動式蓄電式懐中電灯を使ってみた感想、通販でも販売
震災後は災害時のために懐中電灯を家に保管しておく方は増えましたが、手動式だと電池が切れても回せば何度も使えるので結構使えるなと思いました。


最近手動式の懐中電灯を使っていますが、けっこう便利ではあります。

夜は豆電球もつけないという方にも使える懐中電灯ではないかと思いました。

だいたい1、2分ほど回すだけで明かりがつくようになります。

けっこう使っていても長持ちして使うことができます。

徐々に点灯する時間は短くなっていく風に感じましたが、すぐに消えるというわけでもなく1、2分程度明るく点灯し徐々に明かりが弱くなっていく感じです。







たかじんの胸いっぱいが胸いっぱいサミットへ
たかじん胸いっぱいが胸いっぱいサミットへ名前が変更されるそうです。

なんとなく夢いっぱいという印象があります。

他界して1年ほど経過しても名前がついたまま、取ったところが今までないと言うのも凄いというか。

大阪の番組と言えばなるトモ以外ははあまり知らないのですが、関西っぽさの出ている番組なのでしょうかね。

以前から世の中の声ではそろそろ名前を外した方が良いのではないかというものが多かったようですが。







騎馬戦で落下し後遺症が残る、男性に2億円の賠償命令
体育祭の騎馬戦で落下した男性に2億円の賠償命令というニュースが気になりました。

福岡県立高校時代に体育祭の騎馬戦で落下して首を骨折。

重度の後遺障害を負った男性(29)。


県に計2億9000万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁(永井裕之裁判長)は安全配慮義務違反を認め、県に約2億円の支払いを命じた。


騎馬戦はそもそも危険な思いをしてまで必要なのかと毎回思いますし一度の競技でその後の生活が困難になるなんて、防げないものなのかとは思いますね。

やりたい人だけ、やれる自信がある人だけ本人の承諾の下、自己責任でやる方がいいのではないかと思いました。

山登りでも安全な場所ならまだしも高さはないけれど細い崖付近を歩いたりとここまでしてやらなければいけないのかと思ったことはあります。

しかも落ちても誰も助けないだろう感じで教師が下で構えているわけでもいるわけでもありませんでした。


自分の就いた職業に見合った訓練でいいのではないかとか、まだ体が出来上がっていない頃にやらなければならないのかなどなどいろいろ思います。



| prev | top | next |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ  [PR]